超カンタン【肩の高さをそろえ、ゆがみをなおす】自宅でできる対処法とは

こんにちは。
肩こり博士のもと松です。

今日は肩が下がる姿勢についてのお話。

みなさん、鏡のまえに立ったとき

「左右の肩の高さがちがうな」
「右肩さがってるなー」

と思ったことはありませんか?

じつはそれ、骨格のゆがみかもしれません。

骨格がゆがんでいると、肩こりや疲れの原因になることも。

その不調が原因で、自律神経をわずらってしまうこともあるんです。
(参照:肩こりで吐き気!?【専門家監修】肩こりと吐き気の関係性とは?

実際、早稲田大学の教授が姿勢の研究をした結果、姿勢がよくなった人のパフォーマンスがよくなったという結果が得られています。
(参照:身体骨格の歪みの矯正が運動機能と精神的健康度に及ぼす効果

「え!ちょっとわたし、右肩下がりだけど!?」
「どうしたらなおるの!?」

と思ったあなたのために。

姿勢をととのえるカンタンストレッチの方法を、ご紹介します!

肩が下がる原因

肩がさがる理由は、筋肉のバランス。

背骨である脊柱と、そのまわりの筋肉のバランスがくずれているからなんです。

現在は整骨院などで骨格を矯正するメニューもおおくありますよね。
でも

「姿勢を正すだけでは、なかなか改善しない」
「整体に行っても、すぐにもどってしまう」

そう思っている人はじつはおおいんです。

それもそのはず。

姿勢は毎日ストレッチしなければもとにもどってしまうんです。

だからといって、毎日整体に通うのは時間もお金も無理がある。

そこで開発をしたのがLOONAなんです。

整骨院での実証実験でも、たった数分のストレッチ肩の下がり姿勢のゆがみが改善されています。

記事はコチラ→ストレートネックは治るのか!?LOONAを使って検証してみた【その1】

長年販売していますが、お客様からの評判も上々。

もし使い方がわからなかったり、こまったことがあればいつでもご連絡くださいね。

ストレッチLOONA(ルーネ)のご紹介

ストレッチLOONA(ルーネ)は、日本、米国、中国の三カ国で特許取得商品です。LOONAは、自分で出来る首まわりの筋肉骨格バランスを整えるグッズとして開発されました。

スポーツ選手がプレー前後にストレッチを行うように、デスクワーカーや勉強する人は、うつ向き姿勢になりがちです。

うつむき姿勢は、頭部の重心が前になるため、首や肩に負担がかかります。仕事や勉強の休憩時間に、準備1秒でできるストレッチLOONAをお試しください。

カラーバリエーション

お好みの色をクリックすると直接購入可能です。