ストレートネックで頭蓋骨にツノ!?肩こりだけじゃないスマホ首の恐怖

こんにちは!
肩こり博士のもと松です。

先日興味深い記事を発見しました。

なんとスマホ首が慢性化すると頭蓋骨の形が変わるそうです。

頭蓋骨にコブ

ジャーナルオブアナトミーという記事の中で、オーストラリアの研究者の調査結果がまとめられています。
(参照:ジャーナルオブアナトミー_形態学的適応?若年成人における拡大した外後頭隆起の有病率

18歳から86歳までの1200名を対象に調査。

その結果、なんと33%に頭蓋骨にツノ状の突起が認められたとのこと。

原因はスマホとPC。
長時間うつむいた姿勢で作業することでストレートネックになり、その姿勢が頭蓋骨の状態を変えてしまうのではないかということです。

前かがみの角度が大きいほど、外後頭隆起の突出が起こりやすいという研究結果も。

日本でも厚生労働省が注意喚起するほどのストレートネック。

肩こりだけではなく骨格をかえてしまうとはおそろしい…

「もしかして私、ストレートネックかも!?」

と思った人あなた。

チェックリストをご用意しましたので、やってみてください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

スマホ首チェック!今すぐできるストレートネック診断法

ストレッチLOONA(ルーネ)のご紹介

ストレッチLOONA(ルーネ)は、日本、米国、中国の三カ国で特許取得商品です。LOONAは、自分で出来る首まわりの筋肉骨格バランスを整えるグッズとして開発されました。

スポーツ選手がプレー前後にストレッチを行うように、デスクワーカーや勉強する人は、うつ向き姿勢になりがちです。

うつむき姿勢は、頭部の重心が前になるため、首や肩に負担がかかります。仕事や勉強の休憩時間に、準備1秒でできるストレッチLOONAをお試しください。

カラーバリエーション

お好みの色をクリックすると直接購入可能です。