【お客様の声】看護師の私もナットクの肩こりグッズ

看護師の仕事をしていると、ドクターや看護師やコメディカルなどたくさんの人々、もちろん患者さんも含め関わる人も多いし、病気についてもよく話したりします。

その中でも、腰痛や肩こりは職業病といっていいほど( ノД`)

ナース仲間からは

「首こりで頭が痛いわ~」
「仕事終わったらマッサージ行かなきゃ首がやばい」

などよく耳にします。

私は自分は肩こりを感じていなかったのが正直なところ。

しかし
(そういえば頭痛薬をよく飲むなぁ)
と思い、薬に頼るのは良くないと感じていました。

看護師って、二交替や三交替勤務で睡眠不足や生活リズムが不規則。

しかも時間もないから

「ほっときゃ治る!」
「ひどくなってきたら行こう」

とか、自分のことが後回しになることがおおいんです。

自分より患者さんの肩をマッサージしたりとにかく体を酷使してしまう人が多い。

仕事中は、患者さんを運んだり体位交換やけっこうな重労働。

からだだけ使っているかと思いきや、看護記録や資料作りなどでのデスクワーク、パソコンやパッドを使うことも多いんです。

だから眼精疲労や肩こり、首こりと離れることができないのが悲しい…

看護師から見た肩こりの症状

肩こりによって引き起こされる症状には、

  • 肩回りの筋肉のこわばり
  • 血行不良
  • 張りや痛み
  • 嘔気
  • ひどい頭痛

などがあり、ひどい人は寝込んでしまう人も。

不快な症状が続けば、精神的ストレスも増加してしまいます。

  • 集中力の低下
  • イライラ
  • 食欲低下
  • 倦怠感

など…

看護師の仕事は患者様の命や健康にかかわる大切な仕事!

まずは自分が体調が良くないといい仕事もできません。

ナースの肩こり解消はとても大事なんです!

なかなか、仕事や家庭があると自分にかける時間がありません。

そこで私が出会ったのが「LOONA」です。

ルーネ

自分で、首や肩回りの筋膜を正常なバランスに整えることができる!

筋膜リリースといって、コリをほぐすことで肩こりが改善されます。

じつは…姿勢の悪さも改善されました。

LOONAを使用し始めて姿勢を意識するようになり腰回りもすっきりしてきました。

私のLOONAの使い方

LOONAの溝のところにあごを置いて首筋を伸ばす気持ちでうつむきます。

そうすると、背筋が伸びて目の奥がスーッとし、数回繰り返すだけで爽快感があります。

そして、溝に置いたあごを軸にゆっくりと頭を左右に倒します。

この時、ゆっくり倒すのがポイントです。

私は右に倒しにくさががありましたが、左の筋膜がこり固まっているんだなと実感しました。

少し右に重点をおき続けることで、左右差はなくなってきました。

首のストレッチの後は、寝転び首下に置いて首の湾曲を正すようにリラックスして使用しました。

たかが肩こりですが、悪化すると随伴症状も伴います。

LOONAはコンパクト使用なので、休憩時間にも使用でき短時間で効果もありますので肩こりで困っている医療者の皆様に是非お試しいただきたいです。

ストレッチLOONA(ルーネ)のご紹介

ストレッチLOONA(ルーネ)は、日本、米国、中国の三カ国で特許取得商品です。LOONAは、自分で出来る首まわりの筋肉骨格バランスを整えるグッズとして開発されました。

スポーツ選手がプレー前後にストレッチを行うように、デスクワーカーや勉強する人は、うつ向き姿勢になりがちです。

うつむき姿勢は、頭部の重心が前になるため、首や肩に負担がかかります。仕事や勉強の休憩時間に、準備1秒でできるストレッチLOONAをお試しください。

カラーバリエーション

お好みの色をクリックすると直接購入可能です。